ホワイトニングが歯磨き粉ならコチラのおすすめで

歯は白いほうが良いに決まっていますから、
多くの人は自分の歯が黄色くなると憂鬱です。
しかし、赤ちゃんではないのですから、成人して30代ともなると、
どうしてもそれまでの食べ物や飲み物、あるいはタバコなどで、
歯の表面が黄色くなり、ヤニっぽくなります。
そこでホワイトニング歯磨き粉を使うことになりますから、
ここでその選び方のポイントについて説明します。

 

ポリリン酸配合

ポリリン酸は、茶渋やヤニの汚れを落としやすくしますし、
歯の表面をコーティングする作用があります。
ちなみに、審美歯科でのホワイトニングの薬剤にも
ポリリンポリリン酸が配合されているそうです。

 

 

ホワイトニングを強調する商品

ところで市販されているホワイトニング歯磨き粉もさまざまです。
そして、それぞれが異なる薬剤、あるいは配合量ですが、キャッチもいろいろで、
漂白効果とかコーティング効果を謳うものや、タバコのヤニ取りというのもあり、
また、虫歯や歯周病予防というのもあります。
このように商品はさまざまですから、選ぶ際には成分とキャッチに注目しましょう。

 

 

専門的な成分名

以上のキャッチと関連がある専門的な成分をここで示します。
虫歯予防の成分は、フッ化ナトリウムやフッ素(モノフルオロリン酸ナトリウムです。
歯周病の予防に効果的な成分は、β‐グリチルレチン酸や酢酸トコフェロール、
サリチル酸メチル、塩酸なトリム、イソプロピルメチルフェノールなどです。

 

ちなみに、口臭予防には、塩酸クロルヘキシジンβ、塩化リゾチウム、
グリチルレチン酸などで、タバコのヤニや汚れの除去作用があるのは、
ポリリン酸ナトリウムやポリエチレングリコールです。

 

 

ホワイトニング歯磨きの説明書

以上は専門用語ですが、ホワイトニング歯磨きの説明書には、
このような記載がなされていますから、
歯を白くするのと合わせて虫歯や歯周病の予防にもなる、
医薬部外品の商品を選ぶ際の参考にしてください。